メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海百景

北斎の巨大だるま再現

200年前を再現して境内に描かれた葛飾北斎の大だるま絵=名古屋市中区の本願寺名古屋別院で2017年11月23日、木葉健二撮影

 200年前、北斎が120畳もある和紙に大だるまを描いた--。名古屋市中区門前町の本願寺名古屋別院(西別院)で23日、そんな当時の興行を再現するイベントが開かれ、多くの見物客が訪れた。

 1817年10月5日、名古屋に滞在していた浮世絵師、葛飾北斎は西別院で、わらやそば殻の筆をさばき、巨大な達磨(だるま)大師の半身を表現してみせた。

 再現イベントは、西別院が来年開創300年を迎えるのを記念して企画した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです