連載

とちぎのお酒で乾杯!

栃木県には30を超える酒蔵があり、地ビールやワインなど酒造産業が盛んです。「とちぎの地元の酒で乾杯を推進する条例」も2014年に施行され、県も酒造産業の振興を図っています。栃木面掲載の「とちぎのお酒で乾杯!」で県産酒の魅力を紹介するとともに、紙面に収まらなかったこぼれ話もニュースサイトでお伝えしていきます。

連載一覧

とちぎのお酒で乾杯!

透明タンクで醸造観察 水族館で着想

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 栃木県小山市の酒蔵「西堀酒造」が透明な「酒だる」を使って、日本酒の仕込みを行っている。水族館で使用するアクリル樹脂を用いた特注タンクで、コメが日本酒に変化する様子が手に取るように分かる。「全体が透明なタンクは他に聞いたことがない」(栃木県酒造組合)といい、特許申請も行った。西堀和男社長(59)は「醸造の様子を観察して、酒造技術を高めることができる」と期待している。

 日本酒造りは通常、ほうろう製のタンクや木おけで行われ、発酵の進み具合は上部からしか確認できない。「透明なタンクなら、側面から直接観察できる」。西堀社長は、東京都内の水族館を見学した際に思いついたという。最初は既存の醸造用タンクを手がける企業に製造を相談したが、前例がないと断られ、最終的に広島市にある水族館の水槽を手がけるメーカーにたどりついた。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文621文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集