メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

景観阻害訴訟

「和布刈納骨堂」和解へ 北九州市が代替地

納骨堂が建設される予定の代替地=2017年11月24日午前10時52分、宮城裕也撮影

 関門海峡に面する北九州市門司区の和布刈(めかり)神社が境内に計画した納骨堂建設を巡り、眺望が損なわれることを理由に建設を不許可とした市に対し、神社側が建設許可などを求めて福岡地裁に起こしていた行政訴訟が来年1月にも和解する見通しとなった。和解案は予定地から少し離れた市有地に神社が納骨堂を建設するという内容で、市が24日、市議会議会運営委員会に報告した。和解承認を求める議案が12月1日開会の定例会に提出される。

 神社は2010年2月、鉄筋コンクリート4階建ての納骨堂の建設許可を市に申請したが、市は「関門海峡の景観が阻害される」などとして、同年11月、風致地区条例に基づいて不許可とした。同月、神社が提訴し、裁判所から和解勧告があった13年以降、和解協議が続いていた。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです