メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

白鵬追う平幕2力士、2敗守れるか【13日目】

隠岐の海(左)と北勝富士

 大相撲九州場所(福岡国際センター)は24日、13日目を迎えた。1敗で単独トップの横綱・白鵬を、2敗で北勝富士、隠岐の海の平幕2人が追う。

 夏場所以来2度目の2桁勝利を挙げた北勝富士は、過去3勝2敗の関脇・嘉風と対戦する。今場所1横綱2大関を破って好成績を続ける北勝富士だが、「挑戦者の気持ちを忘れないでやるだけ」と平常心を貫く。同じく2敗の隠岐の海は栃ノ心と。対戦成績は隠岐の海が4勝5敗と負け越しているが、前回対戦した春場所では寄り切りで白星を挙げている。

 一方、白鵬は結びで宝富士の挑戦を受ける。対戦成績は白鵬の12勝2敗。前日の取組で御嶽海を問題にせず完勝した白鵬が、4連勝と好調の宝富士を相手にどういった相撲を取るか注目だ。

中入後の取組

(数字は対戦成績、初は初顔合わせ)

碧山(初)大奄

安美3-9勢

魁聖0-1朝山

妙義1-1大栄

錦木2-0千丸

琴勇1-1正代

大丸3-4豪風

隠岐4-5栃心

千翔4-0輝

千大2-2荒鷲

栃煌1-3貴景

玉鷲5-6遠藤

松鳳1-0阿武

琴奨1-1千国

御嶽1-1逸城

北富3-2嘉風

豪栄8-16高安

宝富2-12白鵬

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
  2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
  3. ORICON NEWS “マイルド化する絵本”への警鐘 過激表現から“逃げない”編集者の想いとは?
  4. 甲子園ボウル 日大が優勝 27年ぶり21回目
  5. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]