メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石破氏

安倍政権に苦言理由「批判ないところに進歩ない」

石破茂・自民党元幹事長

 自民党の石破茂元幹事長は23日、玉川大学(東京都町田市)で講演し、安倍政権に苦言を呈している理由について「批判のないところに進歩はない。批判がない、あるいはそれが封じられる組織は必ずダメになる」と説明した。

     学生から「なぜ自身が所属する党を批判するのか」と質問されて答えた。石破氏は「自民党は国民政党で、イデオロギー政党ではない」と説明。「これはおかしい、ここは改めた方がいいという声は国民の中に間違いなくある。党のためになると思えば、それを言うのが党員の義務だ」と語った。

     石破氏は安倍政権の金融政策について「これから先もずっと続けることはできない。どんどん世の中にお金を流通させるには限界がある。安倍さんがやってきたことの『その次』を考えないといけない」と指摘した。また、安倍晋三首相との違いを問われた石破氏は、「目指すべき国は一緒でも、そこに至るプロセスが違うことは当然ある。どっちが良いかを選ぶのは党員だ」と話した。

     自衛隊を憲法に明記するという首相方針については「書きさえすればいいものではない」と改めて指摘。議論の前提として「(自衛隊が)政治を好きなようにしないための最高の規律。司法、立法、行政によるコントロール」「独立を守るために働く人たちに対する最高の名誉」といった概念をどのように盛り込むかを考えるべきだとの認識を示した。【高橋恵子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 救急車に道を譲らない車=回答者・立川談四楼
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 日本人の「マスク信仰」 「異常な光景」と思わない異常
    3. 米政府機関 予算失効で4年ぶり閉鎖
    4. WEB CARTOP 現存台数はわずか3台! ダイハツ東京本社に激レアモデルの「Bee」が展示中
    5. ストーリー 元警察官、見回り14年(その1) 東尋坊、命の番人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]