メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本願寺名古屋別院

これが北斎描いた大だるま 200年前

 200年前、北斎が120畳もある和紙に大だるまを描いた--。名古屋市中区門前町の本願寺名古屋別院(西別院)で23日、そんな当時の興行を再現するイベントが開かれ、多くの見物客が訪れた。

 1817年10月5日、名古屋に滞在していた浮世絵師、葛飾北斎は西別院で、わらやそば殻の筆をさばき、即興で巨大な達磨(だるま)大師の半身を表現してみせた。町中で話題になったという。

 再現イベントは、西別院が来年開創300年を迎えるのを記念して企画した。愛知県立芸術大の文化財保存修…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです