メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本願寺名古屋別院

これが北斎描いた大だるま 200年前

 200年前、北斎が120畳もある和紙に大だるまを描いた--。名古屋市中区門前町の本願寺名古屋別院(西別院)で23日、そんな当時の興行を再現するイベントが開かれ、多くの見物客が訪れた。

 1817年10月5日、名古屋に滞在していた浮世絵師、葛飾北斎は西別院で、わらやそば殻の筆をさばき、即興で巨大な達磨(だるま)大師の半身を表現してみせた。町中で話題になったという。

 再現イベントは、西別院が来年開創300年を迎えるのを記念して企画した。愛知県立芸術大の文化財保存修…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ORICON NEWS 最も印象深い“平成ライダー”ランキング
  3. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  4. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです