メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本願寺名古屋別院

これが北斎描いた大だるま 200年前

 200年前、北斎が120畳もある和紙に大だるまを描いた--。名古屋市中区門前町の本願寺名古屋別院(西別院)で23日、そんな当時の興行を再現するイベントが開かれ、多くの見物客が訪れた。

 1817年10月5日、名古屋に滞在していた浮世絵師、葛飾北斎は西別院で、わらやそば殻の筆をさばき、即興で巨大な達磨(だるま)大師の半身を表現してみせた。町中で話題になったという。

 再現イベントは、西別院が来年開創300年を迎えるのを記念して企画した。愛知県立芸術大の文化財保存修…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです