関西電力

中間貯蔵施設の建設地「18年には示す」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

関電の岩根社長が福井県庁で西川一誠知事に

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)再稼働をめぐり、関電の岩根茂樹社長が23日、福井県庁で西川一誠知事と会談し、原発で出た使用済み燃料を一時保管する中間貯蔵施設の建設地について「2018年には具体的な(県外の)計画地点を示す」と述べた。西川知事は中間貯蔵施設の県外立地の具体化を再稼働の条件の一…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

あわせて読みたい

注目の特集