メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

大鼓奏者の山本哲也さんとのトーク拡大版

山本哲也さんに教わり、初めて大鼓を打つ桂南光さん=大阪市中央区で2017年11月10日、菅知美撮影

 関西を代表する能楽の大鼓奏者、山本哲也さんに、以前からゆっくり話を聴いてみたいと思っていた桂南光さん。長い歴史を持つ楽器の魅力から、山本さんの少し「回り道」した半生まで、話題は多岐にわたりました。

大鼓は野蛮?

 桂南光 鼓って、とても不思議な楽器だな、と前から思ってまして。大鼓も変わった楽器ですよね。小鼓の大倉源次郎さんに、大陸から入ってきたと聞きました。小鼓と、胴の部分が違いますよね?

 山本哲也 胴の首が違いますね。大陸から入ってきたのは奈良時代と言われてまして、当時の楽器の原型に近…

この記事は有料記事です。

残り4112文字(全文4357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです