メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

世界初の「コオロギパン」、フィンランドで発売

 11月23日、フィンランドの食品会社が乾燥コオロギを材料にしたパンの販売を始めた。同社は、昆虫を混ぜたパンの発売は世界で初めてという(2017年 ロイター/Attila Cser)

[PR]

 [ヘルシンキ 23日 ロイター] - フィンランドの食品会社ファッツェルが23日、乾燥させたコオロギを材料にしたパンの販売を始めた。同社は、昆虫を混ぜたパンの発売は世界で初めてとしている。

 コオロギは乾燥させて粉にひいたものを使用。ほかにも小麦粉や種子が含まれ、小麦でつくる通常のパンよりタンパク質が多いという。1本約70匹のコオロギが使われ、価格は小麦パンより高い3.99ユーロ(約530円)。

 ファッツェル・ベーカリーズの開発責任者は、このコオロギパンが「消費者に優れたタンパク源と、昆虫を使った食品に慣れ親しむ手軽な方法を提供する」と話した。

 パンを試食したある学生は「違いが分からない。普通のパンのような味がする」と話した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです