メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

機械式駐車場

未来の駐車、室内から 自動運転で入出庫目指す 群馬大、産学で研究

未来の機械式駐車場のイメージ

 車の自動運転技術を研究している群馬大は、立体駐車場などの機械式駐車場管理の大手、新明和工業(兵庫県宝塚市)と、自動運転で車を駐車場から出し入れするシステムの研究開発に取り組む。実現すれば、利用者がマンションの部屋の中からスマートフォンで車を出庫させて玄関前で乗車したり、帰宅時に自動で入庫したりできるようになる。【鈴木敦子】

 機械式駐車場での自動運転に関する産学での研究は国内初という。同社の機械式駐車場には車を上下に運ぶタワー式や地下式などがあり、入り口の狭い駐車場に車を誘導するのに必要なセンサーや通信技術、車の制御技術などを開発する。車を載せる台の溝とタイヤとの隙間(すきま)が数センチほどしかない大型の乗用車にも対応するため、より精度を高める必要がある。地下式の場合は全地球測位システム(GPS)が使えないなどの課題…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです