メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩倉こ線橋

さようなら 田んぼの真ん中にポツン、なぜ? 来月にも撤去 交差点に /愛知

南側の盛り土部分が削られた陸橋。まもなく橋部分も取り壊される=愛知県岩倉市で長倉正知撮影

 岩倉市西市町で陸橋の撤去が進んでいる。田んぼの真ん中にあり「なぜ、ここに」と思わせるような奇妙な風景だった。陸橋に付いた銘板「名鉄線」「いわくらこせんきょう」が、ヒントだった。

 県道名古屋江南線(旧名草線)が、県道浅野羽根岩倉線をまたぐための陸橋。種を明かすと、下の県道は元々旧名鉄一宮線で、廃線後に道路になった。

 陸橋は1955(昭和30)年、一宮線の線路をまたぐ橋としてつくられた。当時の県道名草線は、車社会の発展とともに建設された名古屋と江南を結ぶ大動脈。交通を遮断しないため、踏切でなく橋で線路を越すことになった。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです