メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

ジビエ調理や皮革工芸実習 今月から小中学校で 獣の害と命の重さ知る /和歌山

野生のシカ皮をなめした皮革の普及を図る中井謙次朗さん。野生ジカの皮革は手触りがなめらかで、名刺入れなどにすれば上品な雰囲気になる=和歌山市の皮革製品店「ジルクラフト」で、稲生陽撮影

 イノシシやシカなどの鳥獣による農林業被害を子供らに知ってもらおうと、県は今月末から、野生獣の皮革を使ったレザークラフト教室やジビエの調理実習を県内の小中学校で始める。特産の果実を使った調理実習は毎年続けられてきたが、駆除対象である有害獣の皮革や肉を活用する授業は小中学校では初めて。県畜産課の担当者は「県内の被害状況を知ってもらうとともに、捕獲後の活用についても理解が広まれば」と話している。

 山林の荒廃や遊休農地の増加に伴って、野生のイノシシやシカは全国で急増している。特にミカンなど果樹栽…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです