メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR熊本駅前

屋根解体へ 地震時不安、防災機能強化で /熊本

 熊本市西区のJR熊本駅の東口広場整備計画見直しに伴い、同駅と熊本市電の熊本駅前電停を結ぶしゃもじ型の鉄筋コンクリート製屋根(約1000平方メートル、高さ約6メートル)が、駅ビルが完成する2021年春までに解体される。白い雲をイメージした屋根は県が2010年3月に約3億円をかけて整備したが、熊本地震を受けて防災機能を強化するため約10年で役目を終えることになり、市民からは「もったいない」と惜しむ声も出ている。【城島勇人】

 駅前広場は11年3月の九州新幹線全線開業に先立って県が暫定形として整備した。在来線高架化と現駅舎の…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです