メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/5 「行くぜ、東北。」元気に

東北新幹線の全線復旧を歓迎する沿線住民=秋田県内で2011年4月29日(泉谷衆さん提供)

 JR東日本会長の清野智(70)には、まぶたに焼きついて離れない光景がある。東日本大震災から49日後の2011年4月29日、東北新幹線一番列車の運転台の窓の外。

 「ありがとう」

 「お帰りなさい」

 沿線のあちこちで人々がのぼり旗を掲げていた。土手から手を振るお年寄り。畑を駆け列車を追いかける子どもたち。「こんなにも必要とされていたのか」。胸を熱くすると同時に、被災地への責任を痛感した。鉄道会社として何ができるか。清野は東北新幹線を軸に全国から観光客を呼び込む強力なキャンペーンを考えた。

 現場も思いは同じだった。震災直後、本社や駅に張られた東北観光のポスターをはがして回った営業部宣伝グ…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです