メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
茨城・東海第2原発

40年超す運転申請 安全対策費調達が焦点

 来年11月に運転開始40年を迎える東海第2原発(茨城県東海村、110万キロワット)について、日本原子力発電(原電)は24日、運転期間を20年延長すると原子力規制委員会に申請した。認められれば、重大事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型原発としては初めての運転延長となる。ただ、規制委は約1800億円に膨らんだ安全対策費を調達できるかどうかを見極める構えだ。

 福島第1原発事故後に改正された原子炉等規制法では、原発の運転期間を原則40年と定めた。規制委が認可…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文655文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです