メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルタ

女性記者殺害1カ月(その2止) 調査報道へ死の報復 訴訟数十件、相次いだ脅迫

聖ヨハネ大聖堂前に飾られたダフネ・カルアナガリチアさんの遺影。「私たちは黙らない」とメッセージが添えられている=バレッタで

 

 調査報道記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が10月、爆弾によって殺害された地中海の島国マルタ。明るい陽光がきらめき、好調な経済の陰で、犯罪組織が社会に浸透し追及を続けるカルアナガリチアさんは常に脅迫にさらされていた。知人らは「マルタは自分や家族の利益のためなら犯罪すら許容する『マフィア・ステート(国)』になってしまった」と嘆く。

 「悪党がどこにでもいる。状況は絶望的だ」。カルアナガリチアさんが10月16日午後に上げた最後の投稿…

この記事は有料記事です。

残り2215文字(全文2437文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです