メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

犬型ロボット「aibo」どう進化? 経験を蓄積・学習 1体ごとに個性=回答・古屋敷尚子

 なるほドリ ソニーが犬型ロボット「aibo」(アイボ)を発売するんだって?

 記者 犬の鳴き声である「ワン」にちなみ、戌(いぬ)年である来年1月11日に発売します。インターネットの直販(ちょくはん)サイトで予約を受け付け、すぐに完売しました。家電量販店などでの販売は予定していません。

 Q 前にもアイボはあったよね。

 A 1999年に初代を発売。このときは大文字で「AIBO」と名乗っていました。AI(人工知能)とRobot(ロボット)を組み合わせた造語(ぞうご)で、「目(Eye)」「相棒(あいぼう)」の意味も込めています。話題になりましたが、2000年代半ばにソニー全体の業績が悪化するとリストラ対象となり、06年に撤退しました。累計販売台数は15万台です。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです