自治体貯金

埋蔵金!? 財務相「取り崩しを」、総務相「備え」 予算編成へ攻防

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野田聖子総務相と麻生太郎財務相が地方自治体の「貯金」に当たる基金を巡り、さや当てを続けている。自治体の借金が増える一方で、年々積み上がる基金を問題視する麻生氏に対し、野田氏は将来の財源不足に備えて必要だと主張。地方交付税額を決める来月の予算編成に向け、攻防が激しくなりそうだ。【松倉佑輔】

 野田氏「基金は行政改革の努力などで作ったお金だという自負がある」

 麻生氏「地方の財源不足の半分は(政府が)赤字国債を発行し、地方交付税で手当てしている」

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文763文字)

あわせて読みたい

注目の特集