メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 鼠穴(東京・深川蛤町)

かつての深川蛤町あたりにたたずむ春風亭一之輔さん。奥に見えるのが再現された門前仲町の火の見櫓。半鐘がつるされているのが見える=東京都江東区で

悪夢誘う火事への恐れ

 火事が多かった江戸の町。それだけに火事がモチーフとなった落語も少なくない。人情噺(ばなし)の名作「鼠穴(ねずみあな)」もその一つ。噺に登場する深川蛤町(はまぐりちょう)(今の東京都江東区門前仲町1、2)を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 「初めて聴いたのは(立川)談志師匠。泣きましたね。落語を聴いて泣いたのは初めてです」。高校の時、「鼠穴」をテープで聴いた時のことを振り返る一之輔さん。描かれる人生の有為転変は、それほどまでに心を揺さぶるようで。

 茶屋酒で身代を持ち崩した竹次郎は、江戸で成功した兄を頼ったが、渡されたのはたった3文。「地べた掘っ…

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです