メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪
明日がみえますか

第6部 揺れる国際貢献・技能実習/中 労災遭ったら退職

 修理していたくぎ打ち機から突然、くぎが飛び出し、技能実習生のベトナム人男性(26)の左目を貫いた。救急搬送され、眼球破裂とくも膜下出血で数日間、意識が戻らず、失明した。

 この男性は2015年5月、千葉県松戸市の工事現場で事故に遭った。修理の際は機械にくぎが残っていないことを確認し、電源を抜くのが決まりで、不注意が招いた事故だった。男性は約2カ月後に退院し、実習を受け入れた建築会社のアパートで別の実習生と暮らし、通院し始めた。

 ただ、入院中に会社を自主的に辞めたことになっていた。事故から約25日後の退職とされ、休業補償費はこ…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです