メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第6部 揺れる国際貢献・技能実習/中 労災遭ったら退職

 修理していたくぎ打ち機から突然、くぎが飛び出し、技能実習生のベトナム人男性(26)の左目を貫いた。救急搬送され、眼球破裂とくも膜下出血で数日間、意識が戻らず、失明した。

 この男性は2015年5月、千葉県松戸市の工事現場で事故に遭った。修理の際は機械にくぎが残っていないことを確認し、電源を抜くのが決まりで、不注意が招いた事故だった。男性は約2カ月後に退院し、実習を受け入れた建築会社のアパートで別の実習生と暮らし、通院し始めた。

 ただ、入院中に会社を自主的に辞めたことになっていた。事故から約25日後の退職とされ、休業補償費はこの間の20日分(約12万円)しか支給されなかった。退職しても症状が安定するまでの間は補償されるが、その分は個人での請求になる。労災の知識もない男性が手続きできるはずもなく、退職後の補償は受けられなかった。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです