メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おかあさーん

ハナマルキが地元自治体に詩集寄贈 長野

寄贈された「おかあさん」の詩集=長野県伊那市役所で、ハナマルキ提供

 みそ製造大手のハナマルキ(長野県伊那市)は、主要ブランド「おかあさん」の商品名をテーマにした詩のコンクール入選作を掲載した詩集「おかあさん」を地元自治体に寄贈した。

 「母の日」に合わせて全国の小学生を対象に実施しているコンクールは1967年に始まり、50回を迎えた。今年は1468点の応募があり、詩人の新川和江さんと八木幹夫さんが入選の128点を選んだ。

 72年からは入選作を載せた詩集をまとめており、今年は非売品で約4500部用意。50周年を記念して過去の詩集の表紙の一覧も掲載した。伊那市には詩集200部が贈られ、同市役所であった寄贈式で平田伸行常務は「おかあさんへの感謝の言葉など、ベースにある思いはいつの時代も変わらない」とあいさつ。受け取った白鳥孝市長は「文字で伝えることは大切。学校で使わせていただく」と感謝した。【宮坂一則】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『あらびき団』に不正発覚? 東野幸治&藤井隆が告発「一時はやめようという話も…」
  2. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
  3. 元アナ逆転無罪 逮捕から4年半「失ったものは返らない」
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]