メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬大

自動運転で入出庫目指す 駐車場管理大手と開発へ

共同研究について説明する(右から)群馬大次世代モビリティ社会実装研究センターの小木津武樹副センター長、太田直哉センター長、新明和工業の中野恭介パーキングシステム事業部長、難波政浩システム本部設計部長=前橋市の群馬県庁で2017年11月20日、鈴木敦子撮影

 車の自動運転技術を研究している群馬大は、立体駐車場などの機械式駐車場管理の大手、新明和工業(兵庫県宝塚市)と、自動運転で車を駐車場から出し入れするシステムの研究開発に取り組む。実現すれば、利用者がマンションの部屋の中からスマートフォンで車を出庫させて玄関前で乗車したり、帰宅時に自動で入庫したりできるようになる。

 機械式駐車場での自動運転に関する産学での研究は国内初という。同社の機械式駐車場には車を上下に運ぶタ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです