メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

マルタの闇 解明半ば 女性記者殺害1カ月

ダフネ・カルアナガリチアさんの車が爆破された現場では、「JUSTICE(正義を)」と書かれた横断幕とマルタの国旗が掲げられていた=マルタ北部ビドニヤで2017年11月7日、三木幸治撮影

ダフネ・カルアナガリチアさん 誰が殺害したのか

 【ビドニジャ(マルタ北部)で三木幸治】租税回避地(タックスヘイブン)を巡る「パナマ文書」の報道に参加した地中海の島国マルタの女性調査報道記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が車の爆破によって殺害されて1カ月以上たった。誰が彼女を殺害したのか--。彼女がペンで追及していたのはパナマ文書だけではない。現地で取材すると、欧州連合(EU)加盟国のマルタを入り口に、欧州で勢力拡大を狙う犯罪組織の影も見えてきた。

 事件は10月16日午後3時ごろ、北部ビドニジャの丘陵地の道路で起きた。目撃者によると、カルアナガリ…

この記事は有料記事です。

残り2928文字(全文3207文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
  4. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  5. 大阪府警 富田林署から勾留中の容疑者が逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです