メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井四段が王位戦予選で勝利 通算成績51勝7敗 

 現役最年少棋士の藤井聡太四段(15)は24日、大阪市福島区の関西将棋会館であった王位戦予選で北浜健介八段(41)に67手で勝ち、準決勝進出を決めた。あと2勝で本戦リーグ入りする。藤井四段は23日に囲碁・将棋チャンネルで放送された銀河戦本戦で上村亘四段(30)に敗れており、通算成績は51勝7敗(未放映のテレビ対局を除く)となった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    3. ORICON NEWS “マイルド化する絵本”への警鐘 過激表現から“逃げない”編集者の想いとは?
    4. 甲子園ボウル 日大が優勝 27年ぶり21回目
    5. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]