メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラオ沖漁船転覆

船長、比船が「右舷後方に衝突」

 【ダバオ共同】パラオ諸島沖で那覇地区漁業協同組合所属のマグロはえ縄漁船「第1漁徳丸」が転覆した事故で、救助された船長、玉城正彦さん(62)と機関長、嶺井秀和さん(49)が24日、フィリピン南部ダバオで共同通信の取材に応じ、フィリピン籍の船が「(漁徳丸の)右舷後方に衝突してきた」と証言した。

 衝突当時は曇天で視界が悪く、船の接近には気づかなかったという。第11管区海上保安本部(那覇)が事故の経緯や原因を調べている。

 救助されたのは玉城さんと嶺井さんのほか、インドネシア人乗組員5人の計7人。玉城さんは「全員無事で良…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文546文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 健康保険組合
  2. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
  3. JIS 「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮
  4. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
  5. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]