全日本実業団対抗女子駅伝

クイーンズ駅伝、松島できょう号砲 復興願い22チーム力走誓う /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開会式に臨む選手たち
開会式に臨む選手たち

 東日本大震災からの復興を願い、岐阜から宮城に舞台を移して7回目の開催となる「クイーンズ駅伝in宮城 第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)の開会式が25日、東京エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区)で開かれた、渡部直樹撮影。出場22チームの選手たちは頂点に向けて気持ちを高めていた。

 レースは26日午後0時15分、松島町文化観光交流館前をスタート。松島海岸や塩釜港を経て、弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場、同市宮城野区)までの42・195キロを各チーム6人がたすきをつなぐ。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文465文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集