メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療センター

府立医大に完成 陽子線装置導入 永守氏70億円寄付 /京都

 京都市上京区の府立医大に世界最高水準の陽子線治療装置2機を備えた「永守記念最先端がん治療研究センター」が25日、完成した。日本電産会長兼社長の永守重信氏が70億円をかけ建設し府に寄付し、この日、山田啓二知事らに施設を引き渡した。試運転を経て来年度内稼動を目指す。

 施設は地上4階地下1階建て延べ約5760平方メートル。陽子線は放射線の一つで、水…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです