メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

谷崎精二 新早稲田派、三羽烏 谷崎潤一郎の弟 /徳島

 谷崎精二(たにざきせいじ)(1890~1971年)小説家、英文学者、東京都出身。

 谷崎潤一郎の次弟。早大英文科卒。広津和郎らの「奇蹟」に遅れて参加。新現実派の作家として知られた。

 「蒼(あお)き夜と空」(1917年)「地に頬つけて」(19年)など発電所もので注目をひいた。短編集に「生と死の愛」(17年)「静かなる世界」(20年)があり、長編小説に「離合」(17年)「結婚期…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです