企画展

世界のハリ・ポタ集合 20の国・地域 今治の図書館で /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界の82冊が勢ぞろいした企画展示。鈴木莉乃さん(左)は英国、妹の茉歩さん(右)はフィンランドのハリー・ポッターを持つ=愛媛県今治市大西町の市大西図書館で、松倉展人撮影
世界の82冊が勢ぞろいした企画展示。鈴木莉乃さん(左)は英国、妹の茉歩さん(右)はフィンランドのハリー・ポッターを持つ=愛媛県今治市大西町の市大西図書館で、松倉展人撮影

 世界的ベストセラーのファンタジー小説「ハリー・ポッター」(J・K・ローリング作)の出版20年を記念した企画展示「世界のハリー・ポッターを見てみよう!」が、今治市大西図書館(大西町宮脇)で開かれている。世界20の国・地域から82冊のハリー・ポッターシリーズを集めて見比べることができる全国初の企画という。12月14日まで(12月4、11日閉館)。【松倉展人】

 シリーズは第1作の「ハリー・ポッターと賢者の石」が1997年に英国で出版され、すぐに世界中で大人気となった。大西図書館の東山美香司書によると、知人を介して日本の発売元「静山社」(東京)に記念企画を打診したところ、同社が保管する各国版ハリー・ポッターを快く貸し出してくれたという。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文677文字)

あわせて読みたい

注目の特集