アスベスト

「元気な状態で生きる時間を大切に」 石綿疾患・栗田さん、闘病体験を講演 博多 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「中皮腫サポートキャラバン隊」として全国で闘病体験を語っている栗田英司さん(51)=千葉県鎌ケ谷市=ら中皮腫患者が25日、博多区で講演した。アスベスト(石綿)の被害者団体「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」の福岡支部が主催した。

 栗田さんに腹膜中皮腫が見つかったのは33歳の時。これまで3度再発し手術で乗り越えた…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集