メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトテロ

軍が報復、容疑者ら殺害 IS系か、死者305人に

 【アスワン(エジプト南部)篠田航一】エジプト東部シナイ半島で24日、武装集団がモスク(イスラム礼拝所)を襲撃した事件で、検察当局によると死者は25日、子供27人を含む305人、負傷者も128人に達した。エジプトのテロでは過去最悪規模の被害。シシ大統領は「犠牲者のため報復する」と宣言し、軍報道官によると国軍が半島山岳部の「テロリスト拠点」を空爆して武器や車両を破壊し、容疑者数人を殺害した。

 襲撃されたモスクはシナイ半島アリーシュ西郊のビルアブドにあり、イスラム教の神秘主義(スーフィズム)信徒多数がいた。検察当局によると襲撃した武装集団は約25~30人で「過激派組織『イスラム国』(IS)の旗」を持っていた。IS傘下組織「ISシナイ州」は神秘主義信徒を異端視しシナイ半島でたびたびテロを起こしている。25日昼(日本時間25日夜)時点で犯行声明は出ていない。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです