メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その1) エイズ、恐れに負けず

 「1994年に初めてエイズの患者さんを診ました。虫歯の治療ならできるだろうと、一歩踏み出したんです……」

 1日夜、静岡県沼津市。地元の歯科医師ら約130人を前に、スーツ姿の鈴木治仁(はるひと)さん(60)が柔らかな口調で語り始めた。

 沼津市では7月、患者がヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染していることを知った歯科医が治療を中断し、HIV治療の中核拠点病院である市立病院へ転院を促す出来事があった。だが、HIVは通常の歯科治療ができない感染症ではない。市歯…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです