メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その1) エイズ、恐れに負けず

 「1994年に初めてエイズの患者さんを診ました。虫歯の治療ならできるだろうと、一歩踏み出したんです……」

 1日夜、静岡県沼津市。地元の歯科医師ら約130人を前に、スーツ姿の鈴木治仁(はるひと)さん(60)が柔らかな口調で語り始めた。

 沼津市では7月、患者がヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染していることを知った歯科医が治療を中断し、HIV治療の中核拠点病院である市立病院へ転院を促す出来事があった。だが、HIVは通常の歯科治療ができない感染症ではない。市歯…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです