メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その1) エイズ、恐れに負けず

 「1994年に初めてエイズの患者さんを診ました。虫歯の治療ならできるだろうと、一歩踏み出したんです……」

 1日夜、静岡県沼津市。地元の歯科医師ら約130人を前に、スーツ姿の鈴木治仁(はるひと)さん(60)が柔らかな口調で語り始めた。

 沼津市では7月、患者がヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染していることを知った歯科医が治療を中断し、HIV治療の中核拠点病院である市立病院へ転院を促す出来事があった。だが、HIVは通常の歯科治療ができない感染症ではない。市歯…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです