メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その1) エイズ、恐れに負けず

 「1994年に初めてエイズの患者さんを診ました。虫歯の治療ならできるだろうと、一歩踏み出したんです……」

 1日夜、静岡県沼津市。地元の歯科医師ら約130人を前に、スーツ姿の鈴木治仁(はるひと)さん(60)が柔らかな口調で語り始めた。

 沼津市では7月、患者がヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染していることを知った歯科医が治療を中断し、HIV治療の中核拠点病院である市立病院へ転院を促す出来事があった。だが、HIVは通常の歯科治療ができない感染症ではない。市歯…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです