メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場報告・トランプと世界

パイプライン計画(その2止) 米国産ガス、EU困惑 シェール革命、転機

 

 9月上旬、米国務省と、対外制裁を担当する米財務省外国資産管理局の幹部らがロンドン、パリ、ベルリンとブリュッセルを回った。各国や欧州連合(EU)当局の担当者と秘密裏に会談するためだ。複数の関係者によると、米国側の意図は8月にトランプ米大統領が署名して成立した対ロシア制裁強化法に対する欧州側の反応を探ることだった。外交筋は声をひそめる。「(欧州企業への制裁が)起きないという約束はなかった」

 米欧は、ロシアがウクライナのクリミア半島を一方的に編入し親露派を軍事支援したと非難された2014年…

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2106文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです