メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場報告・トランプと世界

パイプライン計画(その2止) 米国産ガス、EU困惑 シェール革命、転機

 

 9月上旬、米国務省と、対外制裁を担当する米財務省外国資産管理局の幹部らがロンドン、パリ、ベルリンとブリュッセルを回った。各国や欧州連合(EU)当局の担当者と秘密裏に会談するためだ。複数の関係者によると、米国側の意図は8月にトランプ米大統領が署名して成立した対ロシア制裁強化法に対する欧州側の反応を探ることだった。外交筋は声をひそめる。「(欧州企業への制裁が)起きないという約束はなかった」

 米欧は、ロシアがウクライナのクリミア半島を一方的に編入し親露派を軍事支援したと非難された2014年…

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2106文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです