メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

「エジプトテロ」を聞く

 エジプト東部シナイ半島で24日起きたテロ事件は、モスク(イスラム礼拝所)が狙われ、信徒ら400人以上が死傷した。実行役の狙いや、事件がエジプト社会に与える影響について、識者に聞いた。

「ISシナイ州」の標的 日本エネルギー経済研究所研究理事 保坂修司氏

 襲撃事件で標的にされたとみられるイスラム教神秘主義(スーフィズム)の信奉者は、以前から過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う「ISシナイ州」が、キリスト教一派のコプト教、エジプトの治安部隊とともに攻撃対象としてきた人々だ。犯行声明は出ていないが、ISシナイ州が実行した可能性が極めて高い。

 昨年にはこの地域のスーフィズムの指導者がISシナイ州のメンバーとみられる人物に斬首され、同じ頃にI…

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです