メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

「エジプトテロ」を聞く

 エジプト東部シナイ半島で24日起きたテロ事件は、モスク(イスラム礼拝所)が狙われ、信徒ら400人以上が死傷した。実行役の狙いや、事件がエジプト社会に与える影響について、識者に聞いた。

 襲撃事件で標的にされたとみられるイスラム教神秘主義(スーフィズム)の信奉者は、以前から過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う「ISシナイ州」が、キリスト教一派のコプト教、エジプトの治安部隊とともに攻撃対象としてきた人々だ。犯行声明は出ていないが、ISシナイ州が実行した可能性が極めて高い。

 昨年にはこの地域のスーフィズムの指導者がISシナイ州のメンバーとみられる人物に斬首され、同じ頃にISの機関誌に登場したISシナイ州の指揮官が、今回襲撃されたモスクがある村の宗教施設について攻撃対象だと明言していた。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです