メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その2) どの患者も遠ざけず

自らのクリニックで治療する鈴木治仁さん=東京都品川区で2017年11月8日、小川昌宏撮影

 

 ◆HIV陽性者と向き合う歯科医

決断、妻が後押し

 東京都品川区にある「鈴木歯科クリニック」院長の歯科医師、鈴木治仁(はるひと)さん(60)が初めてエイズ患者を受け入れたのは開業から1年後、1994年6月のことだ。きっかけは開業前、妻で薬剤師の千春さん(55)が仕事先で知り合った生島嗣(ゆずる)さん(59)から持ちかけられた依頼だった。

 「ご主人が開業するなら、エイズの患者さんを診てくれないかな」

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. 年賀はがき 当選番号決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです