メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その2) どの患者も遠ざけず

自らのクリニックで治療する鈴木治仁さん=東京都品川区で2017年11月8日、小川昌宏撮影

 

 ◆HIV陽性者と向き合う歯科医

決断、妻が後押し

 東京都品川区にある「鈴木歯科クリニック」院長の歯科医師、鈴木治仁(はるひと)さん(60)が初めてエイズ患者を受け入れたのは開業から1年後、1994年6月のことだ。きっかけは開業前、妻で薬剤師の千春さん(55)が仕事先で知り合った生島嗣(ゆずる)さん(59)から持ちかけられた依頼だった。

 「ご主人が開業するなら、エイズの患者さんを診てくれないかな」

この記事は有料記事です。

残り4558文字(全文4759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです