連載

ぷらすアルファ

毎日新聞デジタルの「ぷらすアルファ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ぷらすアルファ

過度な減量 選手生命に影響 女子競技指導の問題点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
グラウンドを疾走する女子陸上部員たち=大阪市東淀川区の大阪高校グラウンドで、坂根真理撮影
グラウンドを疾走する女子陸上部員たち=大阪市東淀川区の大阪高校グラウンドで、坂根真理撮影

ぷらすアルファ(α)

 万引きをしたとして窃盗罪に問われた女子マラソン元日本代表選手(35)の初公判が今月開かれ、元選手は現役中の食事制限による摂食障害に長年苦しんできたことを告白した。陸上界では厳しい食事制限を課す指導が依然として残っており、専門家は「特に成長期に正しい食習慣を身につけることが競技継続や強化の上でも重要」と改革の必要性を強調する。

 今月8日、宇都宮地裁足利支部であった初公判。元選手は「とても厳しい体重制限のストレスで摂食障害になった」と証言した。過食と嘔吐(おうと)を繰り返す症状で、過食衝動や栄養不足による判断力低下から、万引きを繰り返すようになった経緯が明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り2342文字(全文2639文字)

あわせて読みたい

注目の特集