メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『銀河鉄道の父』 著者・門井慶喜さん

 ◆著者・門井慶喜(かどい・よしのぶ)さん

 (講談社・1728円)

困った息子を見守る慈父

 宮沢賢治を父政次郎の目から描いた異色の長編小説。読了して胸に去来したのは、「賢治のお父さんて、なんて大変だったことか」という感慨。『銀河鉄道の夜』や「雨ニモマケズ」の詩などで親しんだ賢治、国民作家の賢治が思いもよらない姿をみせる。それはズバリ“困った息子”。その行状のおかしさと、父の愛情の深さをリズムよくつづって一気に読ませる。

 自身も中3、小6、小3の3人の男の子の父親。3年ほど前子どものために賢治の伝記漫画を買ったのだという。「賢治のお父さんは最初と最後に少ししか出てこないんですが、立派な人でして、現代性があったんです。厳しさと過保護の間で揺れ動く現代のお父さんそのものだった」。従来の研究では、お話を書きたいという賢治を抑圧した存在といわれる。「裸眼で見たら、人間としてすごい人だと思った。直感ですね」

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです