メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『銀河鉄道の父』 著者・門井慶喜さん

 ◆著者・門井慶喜(かどい・よしのぶ)さん

 (講談社・1728円)

 宮沢賢治を父政次郎の目から描いた異色の長編小説。読了して胸に去来したのは、「賢治のお父さんて、なんて大変だったことか」という感慨。『銀河鉄道の夜』や「雨ニモマケズ」の詩などで親しんだ賢治、国民作家の賢治が思いもよらない姿をみせる。それはズバリ“困った息子”。その行状のおかしさと、父の愛情の深さをリズムよくつづって一気に読ませる。

 自身も中3、小6、小3の3人の男の子の父親。3年ほど前子どものために賢治の伝記漫画を買ったのだという。「賢治のお父さんは最初と最後に少ししか出てこないんですが、立派な人でして、現代性があったんです。厳しさと過保護の間で揺れ動く現代のお父さんそのものだった」。従来の研究では、お話を書きたいという賢治を抑圧した存在といわれる。「裸眼で見たら、人間としてすごい人だと思った。直感ですね」

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです