メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『銀河鉄道の父』 著者・門井慶喜さん

 ◆著者・門井慶喜(かどい・よしのぶ)さん

 (講談社・1728円)

 宮沢賢治を父政次郎の目から描いた異色の長編小説。読了して胸に去来したのは、「賢治のお父さんて、なんて大変だったことか」という感慨。『銀河鉄道の夜』や「雨ニモマケズ」の詩などで親しんだ賢治、国民作家の賢治が思いもよらない姿をみせる。それはズバリ“困った息子”。その行状のおかしさと、父の愛情の深さをリズムよくつづって一気に読ませる。

 自身も中3、小6、小3の3人の男の子の父親。3年ほど前子どものために賢治の伝記漫画を買ったのだという。「賢治のお父さんは最初と最後に少ししか出てこないんですが、立派な人でして、現代性があったんです。厳しさと過保護の間で揺れ動く現代のお父さんそのものだった」。従来の研究では、お話を書きたいという賢治を抑圧した存在といわれる。「裸眼で見たら、人間としてすごい人だと思った。直感ですね」

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです