特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

中村桂子・評 『動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか』=フランス・ドゥ・ヴァール著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (紀伊國屋書店・2376円)

種にはそれぞれの「認知」がある

 十一月初旬のある朝、オランダの動物園でメスのチンパンジーのフラニェが寝床のワラをかき集めて小脇に抱え外へ出て行った。室内は暖かいのに、昨日寒かったから今日も外は寒いだろうと推測しての行動である。彼女は息子とワラの中で気持よさそうに過したとある。このような動物の賢さが次々と紹介され、驚きっ放しだったというのが、本を閉じた時の感想である。

 著者は、霊長類の社会的知能研究を軸にあらゆる動物の賢さの研究を楽しみ、そこから進化認知学という新分野を生み出した魅力的な研究者である。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1449文字)

あわせて読みたい

注目の特集