大相撲九州場所

白鵬貫禄、完勝で大台 2場所ぶり、40回目の優勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立ち合いで遠藤(右)を鋭く攻める白鵬=徳野仁子撮影
立ち合いで遠藤(右)を鋭く攻める白鵬=徳野仁子撮影

14日目(25日・福岡国際センター)

 優勝争いの権利があった、2敗の隠岐の海と北勝富士がともに敗れた一方で、唯一1敗の白鵬は、結びで遠藤を押し出して2場所ぶり40回目の幕内優勝を達成した。自身の歴代最多記録を更新した。年間55勝(9敗25休)になり、単独最多勝も確定した。

 豪栄道は9勝目。関脇・御嶽海が三役で5場所連続、関脇で3場所続けて勝ち越し。関脇・嘉風は負け越した。

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文1785文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集