メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

カシオワールドオープン 石川復調、7位浮上

◇第3日(25日、高知・Kochi黒潮CC=7315ヤード、パー72)

 2位で出た時松隆光が7バーディー、1ボギーの66で回り、通算11アンダーで単独首位に立った。1打差の2位に金庚泰(韓国)。さらに1打差で谷口徹が続く。38位で出た石川遼が六つスコアを伸ばし、通算6アンダーの7位に浮上した。賞金ランキング1位の小平智は29位、同2位の宮里優作は21位。

 石川が復調を感じさせる猛チャージを見せた。今季初めて国内ツアーに参戦した10月の日本オープン選手権以降、ベストスコアとなる「66」をマーク。「つい3週間前は5オーバー、7オーバーを打った選手。ゴルフは面白い」と笑った。

 後半の1番で4メートルのバーディーパットを沈めると、6番は6メートル、7番も5メートルを決めた。手にしていたのは見慣れないパターだった。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 福岡市営地下鉄・赤坂駅で緊急停車 構内に煙立ちこめる 連休明け、通勤の足直撃

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです