メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄稿

町の書店繋がり挑戦 人と本、出会いの場提供=「ブックオカ」実行委員長・大井実

 <日曜カルチャー>

 2006年から毎年秋に開催してきた本のお祭り「ブックオカ」が、今年も11月に無事1カ月間の会期の幕を閉じた。01年から福岡市で小さな本屋を営む私や、地元の出版社、書店員などの有志が発起人となって始めた総合ブックフェスティバルだ。会期中には、けやき通りの古本市をはじめ、文庫フェアやトークイベントなど本にまつわる様々な催しが繰り広げられる。

 毎年10人ほどの実行委員やボランティアスタッフが集まり開催を重ねてきたが、12回目を迎える今回の会…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1998文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. カンヌ国際映画祭 是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]