メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄稿

町の書店繋がり挑戦 人と本、出会いの場提供=「ブックオカ」実行委員長・大井実

 <日曜カルチャー>

 2006年から毎年秋に開催してきた本のお祭り「ブックオカ」が、今年も11月に無事1カ月間の会期の幕を閉じた。01年から福岡市で小さな本屋を営む私や、地元の出版社、書店員などの有志が発起人となって始めた総合ブックフェスティバルだ。会期中には、けやき通りの古本市をはじめ、文庫フェアやトークイベントなど本にまつわる様々な催しが繰り広げられる。

 毎年10人ほどの実行委員やボランティアスタッフが集まり開催を重ねてきたが、12回目を迎える今回の会…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです