メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

好きに食べたい

編集部ランチ/1=服部みれい

 今から二十数年前。25歳になる年に、ある雑誌の編集部に入った。学生時代も十分忙しくしていたと思ったが、社会人になったらなんとたくさん働くのだろうと驚がくした。

 ちいさな出版部の月刊誌の編集の仕事は、食事を取る暇もないほどの忙しさだった。はあ、忙しいからこそ、自分でつくった「ふつうのご飯」が食べたいなあ……。炊きたてのご飯、お味噌(みそ)汁、お漬物。いつか編集長になれたなら、職場の食事改革を行うぞ!とこころに決めていた。

 最初にそう思ったきっかけは、『暮しの手帖』の初代編集長・花森安治さんの存在だ。花森さんがおられた頃…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです