メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

希望のかなた 難民に温かい目線 仏頂面の優しい人々

 難民がテーマだし、題名だって希望とは反対を向いているみたいなので気が重くなるところですが、いえいえ、これが温かい映画。ちょっと意外ですね。

 二つのお話が並行して進められます。一つは、シリア難民、カーリドの物語。貨物船に積まれた石炭の中に隠れて、たどり着いたのはヘルシンキの港。真っ黒くなった身体を洗い流し、警察に出頭して難民を申請しますが、アレッポは戦闘地域ではないという奇怪な理由によって申請を却下されてしまいます。

 もう一つは、初老のセールスマン、ヴィクストロムのお話です。映画の冒頭、お酒を飲み続ける女性に鍵と指…

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです