メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

残業と昭和意識=海原純子

 平成29年もあと少しで終わろうとしている。あたりまえのことだが、昭和はすでに30年近く前のことだし、平成生まれの若者たちはもうすぐ30歳になるわけだし、「昭和っぽいですね」という言葉を皮肉をこめて使ったりしている。にもかかわらず、私は診療をしていて常々、平成生まれの若者に脈々と受け継がれている、「本当は受け継いでほしくない」昭和時代の意識を強く感じている。

 それは「みんなと同じでないと生きていけない」という意識だ。例えば、こんなことがある。今問題になって…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1188文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]