メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

残業と昭和意識=海原純子

 平成29年もあと少しで終わろうとしている。あたりまえのことだが、昭和はすでに30年近く前のことだし、平成生まれの若者たちはもうすぐ30歳になるわけだし、「昭和っぽいですね」という言葉を皮肉をこめて使ったりしている。にもかかわらず、私は診療をしていて常々、平成生まれの若者に脈々と受け継がれている、「本当は受け継いでほしくない」昭和時代の意識を強く感じている。

 それは「みんなと同じでないと生きていけない」という意識だ。例えば、こんなことがある。今問題になって…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです