インフルエンザ

札幌で流行期に 例年並みの開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 札幌市は、市内でインフルエンザの流行期を迎えたと発表した。

 24日の発表によると、定点医療機関56カ所の13~19日の患者状況を集計すると、1医療機関あたり1人を超え、流行が始まったことが分かった。流行シーズンは例年12月~3月で、今季は例年並みの流行開始となった。

 インフルエンザの感染拡大を防ぐために、…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集