メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆるキャラ

スギッチ東奔西走 引退惜しむ声も 秋田

スギッチに触って嬉しそうな子どもたち=秋田県横手市で2017年11月25日午後0時39分、佐藤伸撮影

 引退が近づいている秋田県のマスコット「スギッチ」との「ふれあい会」が25日、同県横手市の秋田ふるさと村であった。雪が降るあいにくの天気だったが、訪れた子どもたちは大はしゃぎだった。

     スギッチは26日まで、男鹿水族館GAO(男鹿市)で「特別館長」を務める多忙さ。だが同村営業部長の松隈基貴さんは「今日は男鹿から“瞬間移動”で来てくれた」と笑う。

     「ふれあい会」が始まると、子どもたちは「あっ! スギッチだ」と声を弾ませて駆け寄った。スギッチが手を振り、体を左右に揺らすと「目が大きくてかわいい」などと言って握手したり、抱きついたりして大喜び。母親たちはその様子をスマホで撮影していた。

     29日に県職員を退職するスギッチは、これまで同村で行われた数々のイベントで活躍した。2007年の「秋田わか杉国体」では「スギッチダンス」を披露した。「子どもたちにこれほど愛されたのに、引退してしまうのは残念」と松隈さん。

     「ふれあい会」は26日も同村で午後0時半から同1時まで行われる。入場無料。【佐藤伸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
    4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
    5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです