iPS細胞

300疾患で作製 指定難病の半数カバー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
iPS細胞を使った治療薬研究
iPS細胞を使った治療薬研究

 有効な治療法が確立されていない病気に効く薬の開発などに役立てようと、国内でこれまでに約300種類の患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)が作製されたことが、理化学研究所バイオリソースセンター(BRC、茨城県つくば市)への取材で分かった。国が難病に指定している疾患の5割以上をカバーしている。京都大の山中伸弥教授がヒトのiPS細胞の作製を発表してから今月で10年。治療薬の候補となる物質の特定につながる成果も上がり始めており、iPS細胞を用いた創薬研究が今後、加速しそうだ。【池田知広】

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文924文字)

あわせて読みたい

ニュース特集