メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知的障害者

被害急増 知らぬ間に出会い系、10万円払え

 障害を持つ人らが詐欺や脅迫まがいの消費者トラブルに巻き込まれるケースが増えている。国民生活センターによると、障害者や認知症などで判断力が不十分な人からの相談は、この10年で1.5倍に増加。事情に詳しい弁護士によると、特に知的障害者は相手の言葉をそのまま受け取る傾向があり、標的になりやすいといい、本人への啓発や周囲の見守りが必要としている。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文942文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです