メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝

日本郵政連覇は 各チームのオーダー分析

【第37回全日本実業団対抗女子駅伝】はがきを手にして開会式に登場した、前回大会優勝の日本郵政グループの選手たち=仙台市青葉区で2017年11月25日午後2時2分、渡部直樹撮影

クイーンズ駅伝in宮城 第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

 日本郵政グループは、世界大会代表経験のある3本柱の鈴木、鍋島、関根を順当に主要区間の1、3、5区に配置した。3人が実力を発揮すれば、2連覇の可能性は高い。

 ダイハツは世界選手権出場経験のある1区・吉本、2区・木崎、3区・松田、5区・前田が並ぶ充実の布陣となった。特に故障を乗り越えて3年ぶりの全日本大会出場となる前田は予選会の5区区間賞と好調。後半まで混戦になれば有利だ。

 豊田自動織機はトップ通過した予選会と同じオーダーを組んだ。エースの横江が故障で起用できないことは痛…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです