信貴・大阪府岸和田市長

自民支持者に200万円渡す 報告書記載せず 13年市長選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日投開票の大阪府岸和田市長選で再選を果たした信貴(しぎ)芳則市長(56)が、2013年11月に初めて挑んだ前回市長選で、自民党の推薦を取り付けるため、地元の党支持者の男性(55)に現金200万円を提供していたことが27日、分かった。信貴氏は取材に「(支持者から)『府連に渡すよ』と言われたので提供した」と認めた。信貴氏は実際に党の推薦を得て初当選したが、この200万円について政治資金として処理しておらず、政治資金規正法や公職選挙法に違反する疑いもある。

 信貴氏によると、13年9月に開かれた党の会合で推薦を得られない状況だったという。「一度は推薦をあきらめかけた」と明かした。しかし、支持者から資金提供を求められ、同年10月に2回にわたり計200万円を提供した。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文775文字)

あわせて読みたい

注目の特集